ホーム>善次朗の日記>善次朗の日記

善次朗の日記

劇場の公演

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 

2020825231742.jpg

 

今日のブログはいつもと雰囲気を変えまして、、
日本橋劇場の「竜小太郎さんバースデー舞踊公演」に伺いました。

インスタライブで鬼絡みしてくれた花園直道さんも大活躍。笑

2月以来、半年ぶりに劇場へ行きましたが、
コロナ対策を万全にしての舞台。

お稽古と感染の対策。
準備から本番まで、これまでと違う緊張感も加わり、
本当に大変だったことと思います。

古典と舞踊ショーの二部構成で、
中の写真は残念ながらありませんが、とても楽しい舞台でした。

やはり僕らは生の舞台がないと生きていけないことを実感。

そして、久しぶりにお会いする舞踊家さんもたくさんいて、
改めて思っているのは「コロナめ!」の一言。笑

早く元通りになってほしいと思っています。

僕も舞台出たい~。

 
とりとめもない内容となりましたが
今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

~Yoshijirou~



~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊のお扇子

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 

2020824142640.jpg

 

今日は、日本舞踊をはじめると

お扇子などを全て揃えなきゃだめなの?というお話です。

 

基本的に、お扇子と手拭いの2点セットがあれば

一年じゅうお稽古できます。

 

お稽古のお扇子は、ご入会時にお配りしており、

手拭いは貸し出しをしています。

 

本番で使うお扇子は、曲にそったものを多数揃えています。

 

それを少しご紹介いたします。

 
2020824142728.jpg
こちらはちょっと渋めのお扇子。
「梅の春」や「鴬宿梅」など、タイトルにも「梅」がつく作品に使用しています。

2020824142816.JPG
こちらは派手目なお扇子。
桜はいろんな曲に登場するので「元禄花見踊」「舞妓」などに使用しています。

2020824142851.JPG
こちらは「藤娘」のお扇子。左は「潮来出島」という演出で、
右は「藤音頭」という演出で使用しています。
 

曲によっていろんな柄のお扇子があると便利。
その役の身分や心情などを反映させることもあるので、
ただ使いこなすだけでなく、大切な小道具です。

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊にかかる金額

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 

20208231928.jpg

 

今日は、皆さんが気になる

日本舞踊の費用のお話です。

202082319355.jpg

日本舞踊のお話になると、ほぼ100%

「お金がめちゃめちゃかかる」という話題になります。

 

ぶっちゃけてしまうと「舞台によってかかる」というのが

正直なところであり、

いくら以上を高いと思うか安いと思うかというのは

人それぞれの価値観です。 

  

今、日本舞踊の人口は約50万人と言われています。

これを日本の人口約1億2616万7千人で割ると、

およそ247人に1人が日本舞踊をやっているという数字になります。

 

これ、実はめちゃめちゃヤバい数字だと思っています。

 

なぜかと言えば、「日本」の「舞踊」なのに、

247人にひとりしか

日本舞踊をやってないからです。

 

 

 

 

202082319458.jpg

202082319546.jpg

では、日本舞踊のどこにお金がかかるかと言えば、

発表会の費用ということになります。

 

発表会は、ピアノ・バレエなども行いますよね。

 

そこで日本舞踊の発表会の金額をここに書いてみたいと思います。

 

 

 

 

202082319640.JPG

例えば1日日本舞踊の発表会を行うのに、

会場費・スタッフの日当・お弁当代など

約200万円かかるとします。

 

 

そして、教室の生徒さんの人数が10人だとすると、

ひとり20万円かかる計算になります。

そこに、レンタルの衣裳代、かつら代、メイク代、小道具代、大道具代などを乗せた金額を請求され、さらにお稽古場によっては

御祝儀を出すということになります。

 

 

 

では、教室の生徒さんが20人だとしたらどうでしょうか。

会場費・スタッフの日当・お弁当代などの金額は、

200万円を20で割ると10万円ということになります。

 

そこに、レンタルの衣裳代、かつら代、メイク代、小道具代、大道具代が乗ったとしても、総額としては約10万円安くなります。

 

 

 

さらに、

衣裳を先生から借りる

かつらを借りずに美容院で済ませる

メイクを自分で行う

小道具をお扇子1本にして先生から借りる

大道具は劇場備え付けの屏風だけにする。

 

これで費用はほぼ押さえ込むことができるので、

会場費・スタッフの日当・お弁当代などの10万円で出演できることになります。

 

 

 

これが、生徒さんが30人いるとしたら、

費用は200万円を30で割って66,666円となります。

中途半端。笑

 

40人ならひとり50,000円でいいですよね。

 

 

 

つまり、日本舞踊はなぜお金がかかるのかと言えば、

その教室に生徒さんが少ないからです。

 

 

 

 

 

スタッフの内訳は

衣裳屋さん、かつら屋さん、メイクさん、小道具さん、大道具さん、音響さん、照明さん、アナウンスの方、後見さんと、

全て分業です。

 

ご自分がお仕事をされていて、

お客さまに「この仕事なら3000円でいいよね」みたいに

値段を値切られたら

いい気分にはならないですよね。

 

そんなお客さんとは仕事をしたくないと思うのが人情です。

 

 

 

だから、小道具や衣裳などの物品は借りないようにするとしても、

人件費だけは絶対に値切ってはいけないもので、

安く踊らせてあげたい側としては

人をもっともっと増やしていかなければいけないんです。

 

 

 

あとは、お稽古場の先生に入会前に確認を取ることが大切です。

それより安くしてもらえるなら、

その先生に長く長くお稽古してもらうのが礼儀です。

 

 

 

ちょっと高めの計算で書きましたが、

もっともっと金額を落とすことはできますし、

自分を美しく見せたいからもっとかけたい!!

という方もいらっしゃいます。笑

 

 

202082319109.jpg

ちなみに当稽古場の発表会は、最低の費用が

12000円~35000円。

YouTube舞踊会のほうは10000円です。

 

 

 

 

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


 

~Yoshijirou~



~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊の帯結び

皆さまこんにちは。

 

 

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

 

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

 

毎年生徒さんの発表会を行って

 

今年で10年になります。

  

2020822141135.jpg

今日は、日本舞踊の帯についてのお話です。

 

2020822141336.jpg

着付を習っていらっしゃる方は帯の締め方で苦戦しますよね。

特にお太鼓を後ろで締めるのは手が回らなくて大変。

 

202082214159.jpg

日本舞踊も、役によっていろんな帯の形があって、

締め方を全て覚えるのは大変。

 

 

 

浴衣でお出かけする時に締める「半幅帯」は、

日本舞踊の衣裳ではほぼ使いません。

 

衣裳屋さんにレンタルする場合は

「袋帯」よりも重い「丸帯」を締めることがほとんどです(笑)

 

今は丸帯が少ないので、お稽古場の衣裳はほとんどが袋帯です。

途中まで同じで変形の帯などもあるので、

バリエーションがわかるといろんな帯結びにしたくなりますよね。 

 

 

 

今日ご紹介するのは、日本舞踊で締める帯の締め方。

まずは代表的な江戸の役の帯結びから。

2020822141619.jpg

これは「角出し」という帯です。

よく「バカ殿様」などで病気のお父さんを養う娘が売り飛ばされそうになって、、なんて設定がありますが、
その娘さんから結婚したちょっと良いところの奥さん、
部屋着の芸者さんまで、幅広く使える締め方で、覚えておくとめちゃめちゃ便利。

2020822142430.jpg

裾を引けば芸者さん、おはしょりをすれば娘や奥さんという風に区別できますし、
元芸者さんで妾になった設定の「年増」という舞踊は
おはしょりする方と裾を引く方に分かれます。
※舞踊「年増」の設定年齢は24、5です。

なんとなく形が「お太鼓」に似ているような感じもしますが、
かかっている帯の中で「手」と「たれ」を結んでいたり、
帯枕や帯締めを使わないという相違があります。

江戸の人たちはこれを後ろで締めてたんです。すごい。

ちなみに「銀座太鼓」という締め方の原型が、この角出しだと聞いたことがあります。

庶民の娘(神楽娘、たけくらべetc)などがこういう締め方なのに対して、
少しいいところのお嬢様(手習子、櫓のお七etc)は「振下げ」などの帯に変わります。

2020822142135.jpg

余談ですが、着物の襟や帯に黒い繻子(しゅす)がかかっている場合は汚れやほつれ防止の知恵なんだそうです。


2020822143036.jpg

続いて、途中まで「角出し」と同じ締め方ですが、 
「柳」という帯です。

これを締めるのは
「出」の衣裳を着た裾引きの芸者さんということになります。
柳に締めるときはお客様の前に出るときということになるので、
裾も必ず引きます。

また、厳密に言えば現在の花柳界では、
「出」の衣裳に金糸or銀糸の帯が決まりだそうで、
小紋などのときには「角出し」に締めるんだそうです。

2020822144127.jpg

実はこの締め方、手を帯に挟み込んで
帯枕で垂れを固定するだけなので、
めちゃめちゃ緩みそうな形になっています。

なので、結婚していない町娘や
おかみさんは締めない結び方です。

似たような締め方で、引っ掛けという締め方があります。
これは職人のおかみさんとか、家に帰ってきてくつろいでる女性とかの締め方で、
歌舞伎では「切られ与三」のお富さんなどがあります。

ただ、舞踊ではあまりやらない締め方なので見本がなくてごめんなさい。


 

今回のブログは以上です。

 

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

 

オンラインレッスンなども行っています。

 

 

 

新しい趣味をお探しの方、

 

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

浴衣を着る習い事

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 

202082112646.jpg

 

今日は、着物の習い事をやるなら

日本舞踊でしょ!というお話です。

 

 今着物を着ることができる習い事として

一番人気なのはおそらく着付教室だと思います。

202082112718.jpg

日本舞踊の場合は、

・着付を覚えられる

 

だけでなく、

・いろんな踊りをお稽古することでしぐさが美しくなる

・何回も何回も、何年もの間着物を着るので、着こなしが美しくなる

・演劇性のあるダンスということになるので、着物の歴史について知ることができる

・いろんな曲をお稽古すれば飽きない

・無意識にするしぐさを褒められる機会がケタ違いに増える

・浴衣、帯、足袋、ステテコなど、最低限のものが揃えば物品を買う必要がない

・花火大会の浴衣でもOK

 

など、様々なメリットがあります。

202082112753.jpg

着物を着られるようになってから教室にお見えになる方もいらっしゃいますが、長くお付き合いができる仲間にめぐりあって、

教えてもらうのも楽しいそうです。

 

 

 

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

~Yoshijirou~



~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊の衣裳

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 
202082012053.jpg

 

今日は、日本舞踊の役についての衣裳のお話です。

日本舞踊はその曲の設定に合わせた衣裳があって、
その中から衣裳を選んでいきます。

「だいたいこういうものを着る」という大まかな定義があるんですが、
「この役はこれじゃなきゃだめ」という決まりはあまりないのが特徴。

2020820121731.jpg


202082012125.jpg

日本舞踊と言えば、長く引いた裾が特徴的。

江戸中期ごろから始まったと言われる裾引きですが、
立ち姿の美しさや生活感を感じさせないスタイルが人気となり、
舞踊や歌舞伎では平安時代の作品で裾を引くこともしばしば。笑

202082012359.jpg
「吉野山」の静御前も平安~鎌倉時代ということになりますが、
山の中だというのにお構いなしに裾を引いてます(笑)

2020820122233.jpg

この役は、赤い衣裳のほかに打掛(常磐衣)だけ白にするやり方もあり、どちらも演じたのですが、
赤のほうが比にならないぐらい重かったですwww

202082012731.JPG
こちらは「鷺娘」
白無垢を着て雪景色のなかにたたずむ...って、
これもありえないですよね(笑)

ただしこの役は既に殺された娘or鷺が娘の姿を借りたという設定のどちらかなので、
説得力はあります。笑

2020820121123.JPG

うなじが綺麗ですね←自分で言うな

202082012100.jpg
2020820121024.JPG
2020820121054.jpg

鷺娘は引き抜きという演出もあって、めちゃくちゃ気分いいですよ~。

 
2020820121846.JPG

こちらは「切支丹道成寺」という、
戦国時代のキリスト教会を舞台にした作品。

こちらも本来は短くおはしょりした着方に細帯が正しいんだと思いますが、
裾を引いて「道成寺」のイメージに近くしています。

初演の中村歌右衛門さんはもっとモダンな衣裳でした。

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


~Yoshijirou~



~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

無料体験&新サービス開始

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 
2020819192651.jpg

今日は、ふじかげよしじろう日本舞踊教室新サービスのご案内です。

当教室では、無料体験を1ヶ月間受けていただくことができます。
(月末まで)

体験の最終日には、
日本舞踊の衣裳を着付して、
記念撮影をするサービスを始めることにいたしました。
(ご希望の方のみ。着付・撮影込みで1,000円)
 
202081919211.jpg

上の写真のどちらかの衣裳で撮影できます。

振袖のお着物や裾を長く引いた衣裳を着るのは、
日本舞踊だけが持つ特権です(笑)

現在どの習い事でも着る機会はほとんどないと思いますので、 
SNS用にぜひ、いかがでしょうか。
 
舞妓さん1日体験などのサービスはたくさんあるようですが、
日本舞踊の本格的な衣裳を1,000円で着れるところは、
日本全国津々浦々どこを探してもうちだけかも知れません。
 
もちろんその日は、美容室で髪をセットしてから来ていただいてもいいかも。

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

浴衣を着る習い事

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 

2020818134236.jpg

 

今日は、着物の習い事をやるなら

日本舞踊でしょ!というお話です。

 

2020818134411.jpg

 今着物を着ることができる習い事として

一番人気なのはおそらく着付教室だと思います。

2020818134519.jpg

日本舞踊の場合は、

・着付を覚えられる

 

だけでなく、

・いろんな踊りをお稽古することでしぐさが美しくなる

・何回も何回も、何年もの間着物を着るので、着こなしが美しくなる

・演劇性のあるダンスということになるので、着物の歴史について知ることができる

・いろんな曲をお稽古すれば飽きない

・無意識にするしぐさを褒められる機会がケタ違いに増える

・浴衣、帯、足袋、ステテコなど、最低限のものが揃えば物品を買う必要がない

・花火大会の浴衣でもOK

 

など、様々なメリットがあります。

 

着物を着られるようになってから教室にお見えになる方もいらっしゃいますが、長くお付き合いができる仲間にめぐりあって、

教えてもらうのも楽しいそうです。

もちろん現在はコロナウイルス対策もバッチリ行って運営しております。

 

 

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 
~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊と帯結び

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

202081713451.jpg
 

今日は、日本舞踊の帯についてのお話です。

着付を習っていらっしゃる方は帯の締め方で苦戦しますよね。

202081713636.jpg 

日本舞踊も、役によっていろんな帯の形があって、
締め方を全て覚えるのは大変。

浴衣でお出かけする時に締める「半幅帯」は、
日本舞踊の衣裳ではほぼ使いません。

衣裳屋さんにレンタルする場合は
「袋帯」よりも重い「丸帯」を締めることがほとんどです(笑)

今は丸帯が少ないので、お稽古場の衣裳はほとんどが袋帯です。
途中まで同じで変形の帯などもあるので、
バリエーションがわかるといろんな帯結びにしたくなりますよね。 

今日ご紹介するのは、日本舞踊で一番多い「一文字」という締め方。
 
2020817131018.JPG

背中の部分で大きなリボンを作って、
文字通り「一」の字に見えることから「一文字」という名前がつきました。

若い女形の御祝儀舞踊などによく見られます。

これをひとつ覚えておくと、次にご紹介する帯結びは全て応用で、
帯の長さによって変えることができます。
 
2020817131042.jpg

続いてこちらは垂れを少し長くした「文庫」
ドラマの「大奥」などで偉い「お局様」が締めるのもこれ。

2020817131125.jpg

さらに垂れを長くした「振り下げ」。
袖の長さによって変わってきますが、
静御前のように結婚したお姫様や、近江のお兼のような田舎娘の役などがこのぐらいの長さ。

 
2020817131159.jpg

「振り下げ」も振袖の長さが変われば垂れの長さが変わります。 
町娘やお姫様、白拍子などが締める代表的な帯結びの形。

でもこれだけ実は作り帯です(笑)

2020817131234.jpg
 
そして、振り下げよりもう少し長さをとって、
帯枕を使って抱き合わせの形にすると、皆さまご存じ
舞妓さんの「だらり」に変わります。 

一文字・文庫の系統でかなり違うイメージになるのもおもしろいですね。

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 
 
~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊のお扇子

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 

2020816181752.jpg

 

今日は、日本舞踊をはじめると

お扇子などを全て揃えなきゃだめなの?というお話です。

 

基本的に、お扇子と手拭いの2点セットがあれば

一年じゅうお稽古できます。

 

お稽古のお扇子は、ご入会時にお配りしており、

手拭いは貸し出しをしています。

 

本番で使うお扇子は、曲にそったものを多数揃えています。

 

それを少しご紹介いたします。

 
2020816181854.jpg
 
今日は「千本桜」という作品で使用したお扇子です。
 
紋付袴で踊る際には桜の柄を。
 
衣裳を着けて踊った際には、能の修羅物にちなんで
「松に日の出」を使用しました。
 


今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 
 
~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。