ホーム>善次朗の日記>はじめての日本舞踊
善次朗の日記

はじめての日本舞踊

皆さまこんにちは。

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。
千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、
毎年生徒さんの発表会を行って
今年で10年になります。

2020731105140.jpg

今日は、日本舞踊をはじめると
どんな曲をお稽古するの?というお話です。

では本日は、女性の方のお稽古を例にしてお話いたします。

体験の際、まず最初は「さくらさくら」からはじめています。

学校の授業でも取り上げられるため、
ほとんどの方に馴染みがあるというのがその理由です。

それが仕上がると、続いて
「歌謡舞踊専門コース」「古典コース」のどちらかにわかれていきます。

はじめて日本舞踊をされる方には
「歌謡舞踊専門コース」をおすすめしています。

「歌謡舞踊」というのは、
「天城越え」「夜桜お七」「津軽海峡冬景色」「白雲の城」
などの演歌を指します。
当稽古場の「歌謡舞踊専門コース」は、

お月謝が7000円と割安ですが、
5分以上の作品をお稽古しないコースとなっており、

便宜上「歌謡舞踊専門コース」と名付けております。

※古典の曲は主に10分~20分の作品が多いです。
※古典コースの月謝は10000円です。

 

一度古典のコースに切り替えると月謝の値段を戻せなくなるため、
日本舞踊の基礎的な動きを身につけて慣れるまでは、
こちらのコースがオススメです。

つまり、24歳までは一律7000円。
25歳以上の方も慣れるまでは「歌謡舞踊専門コース」を選択すれば、
皆さまもれなく7000円スタートとなります。


いかがでしょうか。
もしご興味ございましたら、
1ヵ月無料体験にぜひお越しください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~Yoshijirou~



~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。