ホーム>善次朗の日記>舞踊会の開催
善次朗の日記

舞踊会の開催

202072634654.jpg
こんにちは。
日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で日本舞踊の指導を22歳の時にはじめて、
今年でちょうど10年になります。

そして「日本舞踊ジュニアフェスティバル」という若手向けの会を2004年~2012年まで毎年開催し、
翌年からは毎年欠かさず
「善次朗の会」の名前で一門の発表会を行ってきました。

一門の発表会で「よしじろうの会」にした理由は、
ただ単純に主催者(よしじろう)の名前を知っていただくためです。

ご存じですか?

日本舞踊をされている方の人口は約50万人といわれています。

実はこの数字。千葉県船橋市の人口約63万人よりも少ないんです。
47都道府県のひとつの都市の人口より少ないって。

やばくないですか?笑

日本舞踊は「日本」の「舞踊」なのに、
知ってる人ほとんどいないんですよ。

今年2020年は新型コロナウイルスが流行して、
舞踊会がいまどんどん中止もしくは延期になっています。

2021年に開催予定の舞踊会で、早くも無観客での開催に舵を切った舞踊会も既にあるそうです。

しかしこれは、今まで当たり前のように開催されていた舞踊会を
どう未来に繋げていくか。という僕らへの課題でもあります。

最早いつ誰が感染してもおかしくない状況で、リスクが平等にある状態。

そして、緊急事態宣言があってから、
予想通りに僕も会ができなくなってしまいました。

それなら、どんな方法を使っても、どんな手段を使っても、
お客さんにリスクを与えず、安全に見てもらえる方法でやっておくべきだと考え、
YouTube配信の「よしじろうの会」をやりました。

結果、公開から1日で400回再生いきました。
本当にありがとうございます。

僕の会は自慢じゃないけどこれまで満席になったことがないんです。
(350席の会場で動員数は多くて200人)

350を越えたら勝ち!とは思っていたので本当に安心しました。

また、なんと!

それだけでなく、Facebookやインスタグラムなど、
いろんなSNSでお知らせいたしましたところ、
ある媒体で藤○勘十郎先生からイイネをいただきました!!!

藤間○十郎先生は言うまでもなく歌舞伎の振付を代々なさっている名門中の名門。

また、先生もこの状況でなにかやらねば!と大奮闘されていることは、皆様よくご存じだと思います。

とてつもない大きな力をいただきました。

しばらく踊りの会はどうなるかわからないので、
これからも頑張って動画アップしていきます。笑