ホーム>善次朗の日記>善次朗の日記

善次朗の日記

日本舞踊の費用

皆さまこんにちは。

 

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、

毎年生徒さんの発表会を行って

今年で10年になります。

 

2020842031.jpg
【第6回よしじろうの会】より「女伊達」
 

今日は、皆さんが気になる
日本舞踊の費用のお話です。

 

日本舞踊のお話になると、ほぼ100%
「お金がめちゃめちゃかかる」という話題になります。

 

ぶっちゃけてしまうと「舞台によってかかる」というのが

正直なところであり、

いくら以上を高いと思うか安いと思うかというのは

人それぞれの価値観です。 

2020842155.jpg

今、日本舞踊の人口は約50万人と言われています。

これを日本の人口約1億2616万7千人で割ると、

およそ247人に1人が日本舞踊をやっているという数字になります。

 

これ、実はめちゃめちゃヤバい数字だと思っています。

 

なぜかと言えば、「日本」の「舞踊」なのに、

247人にひとりしか

日本舞踊をやってないからです。

 

 

 

 

2020842247.png

では、日本舞踊のどこにお金がかかるかと言えば、

発表会の費用ということになります。

 

発表会は、ピアノ・バレエなども行いますよね。

 

そこで日本舞踊の発表会の金額をここに書いてみたいと思います。

 

 

 

 

2020842327.jpg

例えば1日日本舞踊の発表会を行うのに、

会場費・スタッフの日当・お弁当代など

約200万円かかるとします。

 

 

そして、教室の生徒さんの人数が10人だとすると、

ひとり20万円かかる計算になります。

そこに、レンタルの衣裳代、かつら代、メイク代、小道具代、大道具代などを乗せた金額を請求され、さらにお稽古場によっては

御祝儀を出すということになります。

 

 

 

では、教室の生徒さんが20人だとしたらどうでしょうか。

会場費・スタッフの日当・お弁当代などの金額は、

200万円を20で割ると10万円ということになります。

 

そこに、レンタルの衣裳代、かつら代、メイク代、小道具代、大道具代が乗ったとしても、総額としては約10万円安くなります。

 

 

202084246.jpg

2020842427.jpg

2020842518.jpg

2020842459.jpg

さらに、

衣裳を先生から借りる

かつらを借りずに美容院で済ませる

メイクを自分で行う

小道具をお扇子1本にして先生から借りる

大道具は劇場備え付けの屏風だけにする。

 

これで費用はほぼ押さえ込むことができるので、

会場費・スタッフの日当・お弁当代などの10万円で出演できることになります。

 

 

 

これが、生徒さんが30人いるとしたら、

費用は200万円を30で割って66,666円となります。

中途半端。笑

 

40人ならひとり50,000円でいいですよね。

 

 

 

つまり、日本舞踊はなぜお金がかかるのかと言えば、

その教室に生徒さんが少ないからです。

 

 

 

 

 

スタッフの内訳は

衣裳屋さん、かつら屋さん、メイクさん、小道具さん、大道具さん、音響さん、照明さん、アナウンスの方、後見さんと、

全て分業です。

 

ご自分がお仕事をされていて、

お客さまに「この仕事なら3000円でいいよね」みたいに

値段を値切られたら

いい気分にはならないですよね。

 

そんなお客さんとは仕事をしたくないと思うのが人情です。

意外とこのトーク挟んでくる人多いんですけど、

嫌われるからやめた方がいいと思う(笑)

 

 

だから、小道具や衣裳などの物品は借りないようにするとしても、

人件費だけは絶対に値切ってはいけないもので、

安く踊らせてあげたい側としては

人をもっともっと増やしていかなければいけないんです。

 

 

 

あとは、お稽古場の先生に入会前に料金について

確認を取ることが大切です。

安くしてもらえるなら、

その先生に長く長くお稽古してもらうのが礼儀です。

 

 

 

ちょっと高めの計算で書きましたが、

もっともっと金額を落とすことはできますし、

自分を美しく見せたいからもっとかけたい!!

という方もいらっしゃいます。笑

 

 

 

ちなみに当稽古場の発表会は、最低の費用が

12000円~35000円。

YouTube舞踊会のほうは10000円です。

 

 

 

 

今回のブログは以上です。

よしじろうの舞踊教室では、1ヶ月無料体験のほか、

オンラインレッスンなども行っています。

 

新しい趣味をお探しの方、

ストレスを発散したい方はぜひお越しください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊のお扇子

皆さまこんにちは。

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。
千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、
毎年生徒さんの発表会を行って
今年で10年になります。

2020831514.jpg

今日は、日本舞踊をはじめると
お扇子などを全て揃えなきゃだめなの?というお話です。

基本的に、お扇子と手拭いの2点セットがあれば
一年じゅうお稽古できます。

お稽古のお扇子は、ご入会時にお配りしており、
手拭いは貸し出しをしています。

本番で使うお扇子は、曲にそったものを多数揃えています。

 

それを少しご紹介いたします。

202083141135.JPG

今日は、桜をテーマにしたお扇子です。
日本舞踊は春を題材にした曲もたくさんあります。
そのため、娘役、腰元役、母親役、舞妓さんの役など、
それぞれの雰囲気に合わせやすいお扇子を何種類か用意しています。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊の着物

皆さまこんにちは。

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。
千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、
毎年生徒さんの発表会を行って
今年で10年になります。

 

今日は、日本舞踊をはじめると

着物を揃えなきゃだめなの?というお話です。

 

結論から申し上げると、

浴衣・帯・肌襦袢・すててこ・裾よけ・腰ひも2本・伊達締め

これらがあれば一年じゅうお稽古できます。

 

だいたい初期費用で2万円~3万円前後見ておいて、

お着物に詳しい生徒さんと一緒に買いに行くようにすれば、

あれもこれもと売りつけられる心配はありません。

 

他のお流儀であれば、

おさらい会に出るためにお着物を揃えないといけないということや、

衣裳を付けるならお師匠さんの指定する業者さんにという可能性もありますが、

当稽古場の生徒さんのほとんどが

20代ではじめた初心者の方ばかりなので、

日本舞踊でしか着ないような衣裳を多数揃えています。

 

それを少しご紹介いたします。

202082111955.jpg
こちらは、古典の作品を踊るときの衣裳です。

202082111759.jpg

202082111838.jpg
 
いかがでしょうか。他にもいろいろな衣裳があります。
着てみたいなと思った方はぜひよしじろうの舞踊教室の1ヶ月無料体験をどうぞ。 

最後までお読みいただきありがとうございました。

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊を見てみたい

皆さまこんにちは。

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。
千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、
毎年生徒さんの発表会を行って
今年で10年になります。

今日は、日本舞踊の発表会の様子を
体験の前に見てみたいという方向けのブログです。

2020年の新型コロナウイルスの影響により、
稽古場の衣裳や小道具を使用して
有志のみでYouTube配信の舞踊会を行いました。

ちょっと長い動画ですが、よろしければご覧ください。

 

いかがでしょうか。
もしご興味ございましたら、
1ヵ月無料体験にぜひお越しください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

~Yoshijirou~



~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

はじめての日本舞踊

皆さまこんにちは。

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。
千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、
毎年生徒さんの発表会を行って
今年で10年になります。

2020731105140.jpg

今日は、日本舞踊をはじめると
どんな曲をお稽古するの?というお話です。

では本日は、女性の方のお稽古を例にしてお話いたします。

体験の際、まず最初は「さくらさくら」からはじめています。

学校の授業でも取り上げられるため、
ほとんどの方に馴染みがあるというのがその理由です。

それが仕上がると、続いて
「歌謡舞踊専門コース」「古典コース」のどちらかにわかれていきます。

はじめて日本舞踊をされる方には
「歌謡舞踊専門コース」をおすすめしています。

「歌謡舞踊」というのは、
「天城越え」「夜桜お七」「津軽海峡冬景色」「白雲の城」
などの演歌を指します。
当稽古場の「歌謡舞踊専門コース」は、

お月謝が7000円と割安ですが、
5分以上の作品をお稽古しないコースとなっており、

便宜上「歌謡舞踊専門コース」と名付けております。

※古典の曲は主に10分~20分の作品が多いです。
※古典コースの月謝は10000円です。

 

一度古典のコースに切り替えると月謝の値段を戻せなくなるため、
日本舞踊の基礎的な動きを身につけて慣れるまでは、
こちらのコースがオススメです。

つまり、24歳までは一律7000円。
25歳以上の方も慣れるまでは「歌謡舞踊専門コース」を選択すれば、
皆さまもれなく7000円スタートとなります。


いかがでしょうか。
もしご興味ございましたら、
1ヵ月無料体験にぜひお越しください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~Yoshijirou~



~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊のお扇子


皆さまこんにちは。

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。
千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、
毎年生徒さんの発表会を行って
今年で10年になります。

20208315431.jpg

今日は、日本舞踊をはじめると
お扇子などを全て揃えなきゃだめなの?というお話です。

基本的に、お扇子と手拭いの2点セットがあれば
一年じゅうお稽古できます。

お稽古のお扇子は、ご入会時にお配りしており、
手拭いは貸し出しをしています。

本番で使うお扇子は、曲にそったものを多数揃えています。

それを少しご紹介いたします。

2020730115548.jpg

今日は長唄の名曲「娘道成寺」で使う中啓をご紹介いたします。

中啓というのは能楽で使う扇のことで、
閉じたときに骨が銀杏のように広がっているものです。

大ぶりに作られているため、衣裳が大口袴など立派な役の時などにも使われます。

能の「道成寺」から採ったものなので、娘道成寺でも中啓を使うことが多いです。

柄は「火炎太鼓に幔幕と桜」の場合と
お能の観世流にならって「赤地に一輪牡丹」を使う場合があります。

可愛らしい柄を使うよりも、
春をイメージした「桜」や、鬼神の好む花と言われる「牡丹」が
道成寺の扇にはぴったりです。

歌舞伎では中村歌右衛門さんのお家が「火炎太鼓」
尾上菊五郎さんのお家が
「一輪牡丹」もしくは「一つ菊」になるようです。

好みで選べることが多いですが、当稽古場では、
急の舞を入れる場合は「一輪牡丹」
入れない場合は「火炎太鼓」にしています。
 
それと、当稽古場では「娘道成寺」が出るときに、
同じ道成寺物の「鐘」が出ることが多く、
その場合は「娘道成寺」でどちらを使うかで
「鐘」のお扇子を替えたりしています。
 
2020730121051.png

2020730121143.JPG

ただし、能取り物であることを考慮して、
裾を引く場合は中啓や仕舞扇など、
大ぶりのものを使うようにしていますので、皆さんお稽古が大変です(笑)
 

202073012923.jpg
同じ作品を踊る場合にお扇子を替えたり衣裳を替えたりするのも
印象ががらりと変わって面白いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

日本舞踊の衣裳

皆さまこんにちは。

日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。
千葉県船橋市で初心者の方に日本舞踊を教え、
毎年生徒さんの発表会を行って
今年で10年になります。

20208315545.jpg

今日は、日本舞踊をはじめると
着物を揃えなきゃだめなの?というお話です。

結論から申し上げると、
浴衣・帯・肌襦袢・すててこ・裾よけ・腰ひも2本・伊達締め
これらがあれば一年じゅうお稽古できます。

だいたい初期費用で2万円~3万円前後見ておいて、
お着物に詳しい生徒さんと一緒に買いに行くようにすれば、
あれもこれもと売りつけられる心配はありません。

他のお流儀であれば、
おさらい会に出るためにお着物を揃えないといけないということや、
衣裳を付けるならお師匠さんの指定する業者さんにという可能性もありますが、
当稽古場の生徒さんのほとんどが
20代ではじめた初心者の方ばかりなので、
日本舞踊でしか着ないような衣裳を多数揃えています。

それを少しご紹介いたします。

2020729204315.jpg
藤娘の衣裳

2020729204354.jpg
鷺娘の衣裳

2020729204421.jpg
三つ面子守の衣裳。黄色い着物と合わせることが多いです。

2020729204450.jpg
娘道成寺の衣裳
 
2020729204612.jpg

2020729204837.JPG

2020729204745.jpg
 
他にも多数揃えていますので、舞台出演費用に衣裳代が乗らないというのも当稽古場のメリットになっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

~Yoshijirou~


~日本舞踊って、なに?~
そんな方もたくさんいらっしゃいます。
↑↑↑そこでこんな動画をYouTubeにアップしてみました↑↑↑


2020729131015.JPG
講師プロフィールはこちらです。

2019216145818.jpg
※無料体験の詳しいご案内は
こちらをご覧ください。

コロナに負けない企画

皆さまこんにちは。
日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

先日配信させていただきました、


YouTubeの日本舞踊100日連続配信


YouTubeの日本舞踊発表会

いかがでしたでしょうか。

上に貼りました2本の動画、公開して1週間ほどですが、
現段階で合わせて1000人を越える方にご覧いただきまして
本当にありがとうございました。

結果としてはチャンネル登録者さんが780人越え。
48時間の平均視聴が600分。

ここで「先生はYouTuberになりたいんですか!?」
みたいなことをたまに言われるのですが、
YouTubeという配信サービスもいつ終わるかわからないので、
どちらかと言えば
見込み客を増やすためだけにやっています。

収益化には、
チャンネル登録者さんが1000人
総再生時間が年間4000時間必要だそうです。

僕の場合は65歳以上の方が多いので
1回の再生で0,5円としてもざっくり計算して
動画ひとつにつき約20000回再生を出さなければ
たぶん収益化は無理だと思います。

で、今回の企画のコンセプトですが、
新型コロナウイルスの影響でお稽古ができなくなり、さらに
舞踊会も延期になりましたが、
100日間毎日配信をして、
本当に日本舞踊は不要不急なのかを確かめたくてはじめました。

延期と書きましたが、2013年から1年も欠かさず会を続けてきて、
2021年も会はやる予定でしたので、実質中止。
死ぬまで毎年会をやるという目標が
ここで断たれたことになります。

これでチャンネル登録者さんが増えないとか、
1週間で再生回数500回を越える動画がないということなら
あきらめもつきますが、実際のところはこんな感じでした。

2020728235018.jpg
2020728235037.jpg

たいして伸びていないかも知れないですし、
このあとどうなるかはわかりませんが、
国立大劇場がそろそろ埋まるレベルの動画もありますし、
個人的には地道に伸ばしていきたいので満足しています。

ちなみに、お弟子さん・スタッフ共に感染者は出ていません。

こればかりは目に見えないものなのでなんとも言えないですが、
何もしないで滅びるのを待つより、
誰かにやり場のない怒りをぶつけるより、
踊っていたほうが楽しいんですよね。笑

舞踊会の開催

202072634654.jpg
こんにちは。
日本舞踊家の藤蔭善次朗(よしじろう)です。

千葉県船橋市で日本舞踊の指導を22歳の時にはじめて、
今年でちょうど10年になります。

そして「日本舞踊ジュニアフェスティバル」という若手向けの会を2004年~2012年まで毎年開催し、
翌年からは毎年欠かさず
「善次朗の会」の名前で一門の発表会を行ってきました。

一門の発表会で「よしじろうの会」にした理由は、
ただ単純に主催者(よしじろう)の名前を知っていただくためです。

ご存じですか?

日本舞踊をされている方の人口は約50万人といわれています。

実はこの数字。千葉県船橋市の人口約63万人よりも少ないんです。
47都道府県のひとつの都市の人口より少ないって。

やばくないですか?笑

日本舞踊は「日本」の「舞踊」なのに、
知ってる人ほとんどいないんですよ。

今年2020年は新型コロナウイルスが流行して、
舞踊会がいまどんどん中止もしくは延期になっています。

2021年に開催予定の舞踊会で、早くも無観客での開催に舵を切った舞踊会も既にあるそうです。

しかしこれは、今まで当たり前のように開催されていた舞踊会を
どう未来に繋げていくか。という僕らへの課題でもあります。

最早いつ誰が感染してもおかしくない状況で、リスクが平等にある状態。

そして、緊急事態宣言があってから、
予想通りに僕も会ができなくなってしまいました。

それなら、どんな方法を使っても、どんな手段を使っても、
お客さんにリスクを与えず、安全に見てもらえる方法でやっておくべきだと考え、
YouTube配信の「よしじろうの会」をやりました。

結果、公開から1日で400回再生いきました。
本当にありがとうございます。

僕の会は自慢じゃないけどこれまで満席になったことがないんです。
(350席の会場で動員数は多くて200人)

350を越えたら勝ち!とは思っていたので本当に安心しました。

また、なんと!

それだけでなく、Facebookやインスタグラムなど、
いろんなSNSでお知らせいたしましたところ、
ある媒体で藤○勘十郎先生からイイネをいただきました!!!

藤間○十郎先生は言うまでもなく歌舞伎の振付を代々なさっている名門中の名門。

また、先生もこの状況でなにかやらねば!と大奮闘されていることは、皆様よくご存じだと思います。

とてつもない大きな力をいただきました。

しばらく踊りの会はどうなるかわからないので、
これからも頑張って動画アップしていきます。笑

お申し込みの手順

~お申し込みから体験までの流れ~

体験申し込みをしてみたいけど
「やり方がわからない」という方向けのご案内です。

実際の画面を見ながらご説明していきます。

まず、ほとんどの方が「日本舞踊」+「千葉」などのワードでたどり着くページが下の画面です。



2020725193959.jpg

この画面の下のほうに



2020725194021.jpg
↑こちらの文言の「メールフォーム」という赤い部分を押してもらうと問い合わせのページに飛ぶことができますので、押してみてください。

「メールフォーム」を押すとこんな画面が出てきます。



2020725194145.jpg

↑この画面です。
このうち「■ID」「■パスワード」の部分はスルーして大丈夫です。
なにも記入しなくていいので下にスクロールして
次の部分を見てみましょう。



2020725194236.jpg

上から順に説明していくと、
まず「■名前」「■メールアドレス」をご記入いただきます。

前に「旧姓」「カタカナ」で申し込んできた方がいたのですが、
実際のところ入会するかどうかもわからない方の
名前やメールアドレスを検索して調べたりとかはしていないので、
お名前は本名をご記入ください。

メールアドレスは「yoshikun0803@gmail.com」から
メールが届くアドレスをご記入ください。
たまに「メール来ない」とか言われるんですけど、
迷惑メールの設定も確認してみてください。

2020725194650.jpg

↑名前とメールアドレスを入力しました。
続いて、「■タイトル」の入力です。
こちらには
「無料体験希望」「オンラインレッスン希望」
「歌謡舞踊専門コース希望」「イベント出演依頼」など、
ご希望のコースをご記入ください。



2020725194714.jpg
↑「■内容」と書かれた場所に、気になることや疑問がありましたらご記入ください。
※費用につきましては全て体験の際にご説明しています。
(例)「浴衣レンタル希望です」←500円かかります
  「未経験です」など


「■名前」「■メールアドレス」「■タイトル」「■内容」
全ての記入が終わりましたら、
「■画像認証」の番号を入力し、投稿規約をチェック。
最後に「メールを送る」を押すと、申し込み完了です。

「yoshikun0803@gmail.com」から、登録いただいたメールアドレスにご連絡いたします。

ちなみに「投稿規約」を押すとこんな画面になります。



2020725182647.jpg
↑押しても変なページにはいかないのでご安心ください(笑)

201710212240.JPG
体験当日は、予約された時間に
こちらの施設の駐車場までお越しください。

もし地図がわかりにくいようでしたら、
「リハビリケア船橋」とGoogle検索をお試しください。


〈事務所連絡先〉〒273-0005 千葉県船橋市本町4丁目 16-30

「とりあえず体験してみようかな...」と思ったら
メールでのお申し込みが可能です。
こちらのメールフォームから
・お名前・メールアドレス・体験希望の旨をご連絡ください。

24時間以内にご返信させていただきます。

お問い合わせ 090-8640-3235
(受付時間 10:00~19:00)
大変お手数ではございますがメッセージにて、
・お名前・体験希望の旨をご連絡ください。

折り返しご連絡させていただきます。